15の染技法で新カラーシーンを提案

洛楽人「玉蟲染」は伝統の京友禅、古典のきものに、新たに開発した15の技法を加え、従来には無かった着物と帯を提案しました。

玉蟲技法
太陽光の強さで色目自体が美しく変化する。
菊じん技法
太陽光で色の濃さが変化する。
洛楽人技法
太陽光により、柄の無い部分から柄が浮かぶ。
蓄光技法
光を蓄えて暗い所で光り輝く。
菊じん技法パート2
太陽光、白熱光で色が変わる。
玉蟲きらら染
照明光に美しく反射する。
木目技法
白生地に華麗な木目を付ける。
絹ずれの香加工
絹ずれにより香りを楽しめる。
キトサン加工
抗菌防湿効果、健康にも良い。
檜抗菌加工
檜の香りで抗菌防カビ効果がある。
楽々技法
太陽光で色が変わり、暗いところで光り輝く。
夢ぼたる技法
大きな部分が暗いところで輝く。
燦燦技法
光を反射しライトアップの角度で色が変わる。
温感技法
体温や気温などを感じ取り色が変化する。

  • サロン・庭園〜工房案内